主画面一覧表【基本システム編】

■ユーザー設定画面

会社情報を登録します。ここで登録した会社名が各印刷帳票に印字されます。

また、処理年・処理年月等、日付に関する重要な管理を行っています。

時間外計算の係数を登録します。この係数をもとに時間外手当等が自動計算されます。


■名称マスタ設定画面

所属名称:社員登録時に所属名を選択入力します。

役職名:社員の役職を番号で準備します。

銀行名・支店名:銀行別に銀行名とその支店名を全銀協のコード読みで設定します。銀行振り込みを採用している場合に必要です。


■支給控除項目名設定画面

貴社の給与支給控除項目名を設定します。全角5文字以内。

※項目名は項目番号で認識します。基礎部分なので変更はできません。


■給与項目マスタ設定画面

【項目名】給与明細書を貴社の並びに設定します。番号を指定します。挿入削除が使用できます。

【時間外】時間外手当の対象項目を番号で指定します。【給与データ入力用支給項目設定】毎月変動する支給項目に使用します。

【非課税項目】支給項目の内非課税に該当する項目を設定します。

【計算出力先指定】この設定で支給のNo.1は基本給・No.7は普通残業というように認識されます。

【介護保険】の設定が無い場合は、介護保険料は健康保険料に含まれて計算されます。


■賞与項目マスタ設定画面

【項目名】賞与明細書を貴社の並びに設定します。番号を指定します。挿入削除が使用できます。

【計算出力先指定】給与と同様に該当の項目名に賞与のNo.を設定してください。

【介護保険】の設定が無い場合は、介護保険料は健康保険料に含まれて計算されます。


■社員マスタ(1/4)基本項目設定画面

【社員コード】新規社員登録は、最初に社員コード設定と社員マスタデータエリアを作成します。

【生年月日】年齢要件(介護保険開始月など)の計算に使用しています。年号を正しく設定してください。


■社員マスタ(2/4)本人・被扶養項目

【配偶者・扶養】生年月日で年齢要件を自動計算しています。法令の変化によるプログラム変更は随時対応しています。


■社員マスタ(3/4)本人・被扶養項目

【基本給計算額】月給・日給・時給に応じてそれぞれの単価を入力します。

【月額標準報酬】新規および改定時に入力します。健保・厚生は自動計算です。

【6月住民税】ここには6月分の住民税を、控除項目の住民税には7月~翌年5月までの住民税を登録します。


■社員マスタ(4/4)マイナンバー

【マイナンバー】社員マスタ設定に追加しました。常時保守可能としました。年末調整にはこのマイナンバーを自動転送して使用します。


■印刷順序設定画面

【印刷順序】5パターン設定できます。パターン1:社員コード順、パターン2:所属部署順と設定します。


■給与データ一覧入力(画面1)

   

【処理年月】今月の処理年月が表示されます。処理年月が前月のままでしたら、先に月次更新処理を実行してください。

【支給年月日】給与支給日を入力します。【所定日数】当月所定実日数を入力します。


■給与データ一覧入力(画面2)

【支給項目】給与項目マスタ設定で一覧入力支給項目を3項目設定できます。


■給与データ保守画面

【社員別保守】当月分だけの修正が可能です。


■月次給与リスト8項目対応印刷設定

【給与リスト】支給8項目+控除8項目の給与リストを設定します。全項目出力の場合は本設定は不要です。


■賞与データ入力画面

【賞与支給額】賞与支給・控除等のデータを入力します。


■賞与計算画面

【計算後再表示】計算後再表示をクリックします。


■給与明細確認画面

【給与明細】過去の給与明細データ」を確認できます


■賞与明細確認画面

【賞与明細】過去の賞与明細データ」を確認できます


■給与台帳印刷設定画面

【A4用紙対応】給与台帳をA4サイズに圧縮するために支給8項目・控除8項目にして印刷します。


■有給休暇取得状況保守画面

【有給の更新】毎月の月次更新で実行しています。「一給さん2」より日単位から時間単位に変更しています。

【有給の更新】社員マスタに有給休暇・次回更新月があります。有給休暇該当区分にチェックを入れると管理対象者となります。


■有給休暇取得状況表画面

【取得状況表】印刷もあります。


■中途退職者用源泉徴収票

【中途退職者用】検索は退職者を指定の事。