治山GISシステム概要

治山GISシステムは、3つの台帳データ(治山台帳、地すべり防止区域、山地災害危険地)を管理します。

この台帳データと位置情報を、ポリゴンやポイント等の図形を用い地図上に表示します。

また、他のレイヤ(保安林、砂防指定地等)もインストールされていますので、他の指定地レイヤとの重なりも地図上で確認することが可能です。

治山GISシステム概要図

使用地図について

①NTTネオメイト

GEOSPACE(開発時はME-MAP)

複数の地図レイヤを持っており、必要に応じて表示・非表示が可能

②国土地理院25000ラスタ地図

国土地理院発行のラスタ(画像)地図を背景データとして使用

③徳島県より提供された航空写真

徳島県全体をカバーしているが、一部地域において、撮影年度の違いによる色彩差がある

④森林基本図

徳島県より提供された森林基本図のスキャンデータを背景地図として使用

使用地図の比較

地図上に、台帳の位置をポリゴンやポイントで表示します。

地図上のポリゴンやポイントをクリック、すると該当する台帳を呼び出せます。

台帳データの入力はカード形式です。

治山台帳では概要や工事履歴の他に、治山施設の老朽化対策に基づいた点検(診断)を入力することも可能です。

各台帳のキャビネット機能で、写真や電子データ(Excel、PDF、XAD)を保管することが可能です。

看板データに関する写真も保管します。

CopyRight 1997-2018 Fujita Syoukai all rights reserved.